自傷行為の始まり ~ いつもと違うところを舐めだした

家族が増えてから約10日後ぐらいでしょうか。
ぼんに変化が訪れました。

2017年2月11日 トリミング後

時系列的に説明する事が良いのですが、簡単に書くと、ぼんは確か2歳ぐらいからだったと思うのですが、4本足の先と裏(肉球)を舐める事が多く、癖づいていたのもあるとは思いますが、基本的にはアレルギーであろうという診断および考えでした。
該当箇所は赤くなっていることも多く、舐めはしていませんでしたがお腹の皮膚の異常に関してもアレルギーの可能性が一番高く。

そして年月が過ぎ昨年の12月頃、今まで無かった頭皮や鼻も赤くなり、鼻の上に関しては皮膚も薄くなっていたのです。
これはヒドイというわけで病院に相談したところ、何やら新しい薬が出たらしく、それを試してみる事を勧められました。
これまではアレルギーの薬は主にステロイドが多かったようですが、周知の通り副作用も多い報告があり、ウチとしては避けていた面があります。
で、その勧められた新しい薬はステロイドを使用していないにもかかわらず、同様に近い効果が得られる報告が多いとのことで、高額でしたが思い切って試す事に。

ここまで書いておいてアレなんですが、その薬のことに関しては詳しくはまたいつか・・・。

で、実はその薬はぼんに効き目があったのです。
すっかり足を舐めなくなりました。

・・・という経緯があるのですが、この2月中旬頃、今までとは別の箇所を舐めるようになっていました。

前足の傷

写真ではわかりづらいのですが、前足の肘から足首あたりの内側です。
こんな箇所今まで舐めたことも無かったのになぁ?と思いつつ、前述の薬は毎日飲むものですが、実は一時的に効果が薄れる時期が出てくる可能性があるみたいで、ぼんもその時期になったのかなと思っていました。

写真のとおり血が出ていたので、最初は何か湿疹か新しいアレルギー?なのか病院で診てもらいました。すると、診断ではこの傷は歯によるものではないかとのことでした。

つまり、舐めるだけならまだしも、ぼんはその箇所を血が出るまで自身の歯で傷つけていたのです。それが日に日に多くなり、傷の箇所を舐めると更に菌が繁殖して、このままだと化膿して別の病気になるのではと心配になり、舐められないように包帯を巻くことにしました。

右前足に包帯を巻く

今写真を見て思い返せば、最初は右前足だけだったんですね。

包帯を巻いてもその上から舐めようとはしますが、皮膚に直接被害は出ないので、根本的な解決ではないけれどとりあえず化膿などの心配はなくなったかなと安堵していました。

側で寝る

しかし、右前足に包帯を巻いてから数日も経たない内に、今度は左前足の同じような箇所(肘から足首の内側)を舐めるようになりました。

これでいわゆる、今までのようなアレルギーではないのかもしれないと思うようになりました。
気になる箇所はずっとそこを気にするタイプのぼんですが、舐められなくなったら別の箇所を舐めるというのは今までと違う行動。

というわけで、左前足も包帯で巻くようになりました。

・・・しかしながら、今度はその包帯では巻ききれていない箇所を舐めたりするようになりました。
具体的には、脇辺りでしょうか。そしてまた出血を発見。
血を見たとき、以前言われたけどまだ「噛み傷」とは信じ切れていなかったので、やっぱり皮膚疾患ではないかと再び病院で診てもらうことに。

舐性皮膚炎

診断ではやはり前回同様、アレルギーなどを含む皮膚疾患ではなく、自分で傷つけたことによる傷ではないかとのことでした。可能性としては上の写真の「舐性皮膚炎」。
これはアレルギーが原因でも起こりえることなのですが、この当時も足先足裏を舐めることは再発していなかったので、アレルギーに対して薬自体は効いているという判断です。つまり過去数年間続いていた足先を舐めていた行為は治まっているのに、別の箇所を舐めだしてしかも傷までつけている。

これらのことから、ストレスによる原因が高そうでした。

ストレス発散のために多少舐めるぐらいなら良いのではという考えもできるのですが、出血するまで傷を付けていたので、そこを舐めるとさらに悪化が心配です。
そして症例として見せて頂いた写真では、酷くなると延々と自分の皮膚を噛み続け、骨が露出しているケースもありました。

骨が見えるまでやり続けるってマジ?と信じられない気持ちでしたが、マジなんです。
皮膚も肉も突き破って、実際に骨が丸見えなんです。

それを見て、ぼんを守らねばと思いました。

側で見守る

両前足は足首から脇辺りまで包帯をすることにしました。
それでも届く部分があるみたいなので、昔買ったエリザベスカラーを着けてもらう事に。

当時はそんなに長引くとも思っていませんでしたから、心が落ち着くまで少し我慢してくれと。

カラーを着けた

当然このカラーによって別のストレスが発生していたと思いますが、放っておくと最悪骨の露出もありえる「自傷行為」を止める方が優先でした。

カラーを着けて前両足には包帯もしています。
これで包帯ではカバーできなくなった箇所も舐められなくなりました。

しかし、朝起きると毛の塊が抜けていたのです。
何回か分のものです。

抜けた毛の塊

どうやらぼんは舐める&噛むだけではなく、毛も毟っていたようです。
その証拠に、実際に前足の該当部分は毛が薄くなっていました。

そしてさらに・・・

後ろ足を舐めていた

どうやら、今度は後ろ足をターゲットにしたのです。
もちろん、前足にあったような同じような出血があり、これで完全にぼんの歯による傷だと確信しました。

後ろ足の傷

さぁ、こうなるとどうなるか。
こうなります。

後ろ足も包帯

頭にはカラーを着けて、4本足全てに包帯です。
散歩時以外、家の中では常にこうしておかないと、ぼんは止めないのです。

この時期は家のことで精一杯で、奥さんは産後1ヶ月ほどは安静状態で相手に出来ず。
ストレスが原因の可能性が高いので、散歩に関してはほぼ毎日行きました。

散歩から帰るとまた包帯巻き巻き、むっさ時間かかります。
散歩に行く時は包帯を外してブラッシング、包帯でクシャクシャになった毛を戻すのは通常より時間がかかります。でも、いくら時間がかかってもしなくてはぼんを守れないこと。
色んなことにイライラする日々が続いていましたが、兎に角ぼんのこの行動が治まる様に願っていました。

急速

ブラッシングはいつも通り行っていたので、直後は何もつけていない状態。
たまには素のままで家の中を過ごさせる時間も設けていました。

みんな暖かい部屋に来るので、狭い部屋が渋滞しています。

渋滞

でも無理。
この時は私が見ているから行動に移しませんが、実際は1分、いや10秒も目を離すと噛みだします。
犬の歯はするどいので、数分もあれば大きな傷になることもあるらしく、いつまでも見張れる状況ではないのでやはりカラー&包帯は必須でした。

目が離せない

これでしばらく様子を見るつもりだったのですが、ぼんは更に・・・。

ランキングに参加しています。
トイプードルランキング
トイプードルブログランキング
犬 人気ブログランキング
犬 人気ブログランキング
--------------------------
★インタスタグラム☆
ぼんのインスタグラムぐりのインスタグラム

コメントや御用の方は以下の拍手コメントかTwitterFacebookにてお願い致します。
拍手コメントの方はご返信出来ませんのでご了承下さいm(_ _)m
ブログをお持ちの方は、URLを合わせてお伝え頂ければ、後ほどご訪問させて頂きます。

このページのトップへ戻る

お祝いと記念撮影

子どもが増えてからすっかり大人しくなったぼん。
カエルに頭を咥えられながら寝ていることもしばしば。

カエルに喰われる

ぐりは平常心と思われ、真冬にもかかわらず無防備に仰向け三昧。

仰向けぐり

・・・私事で恐縮なのですが、ぼんをきっかけに出会った方々からもお祝いを贈って下さいました。
本当に有難うございましたm(_ _)m

お届け物が届くと、やはり自分のものと勘違いするぼんさん。

子どものお祝い

ぐりこもお花に夢中。

お花に夢中

そんな中、ぼんとぐりにバレンタインのプレゼントを頂きました!
毎年贈ってくださって有難うございますm(_ _)m

ぼんとぐりへのバレンタインプレゼント

新しいおもちゃに夢中。

おもちゃに夢中

ぐりこも夢中。

ぐりも夢中

ぐりのおもちゃを横取りする図。

ぐりのおもちゃを奪う

・・・初めは吠えまくっていたぼんですが、ウチの子どもに対して敵意があるわけではなく、嫌いな様子はありません。
ナンダカンダ近くで寄り添ってくれたりしていました。

側で寝る

さりげなく、見守り能力を発揮していたのかもしれません。

一緒に寝る

子どもも、安心して四頭身で眠れるといった感じです。

四頭身

冬で寒かったのもあると思いますが、常に近くに居るぼんとぐり。

ぼんとぐり

ミルクを飲んでいる姿も見守ってくれていました。

ミルクを飲むのを見てる

そんな中パートⅡですが、子どもの名前が決まったので記念撮影をすることに。

撮影準備

準備をしていると、ぼんとぐりは待ち構えていました。

待ち構えるぼんとぐり

準備OKということで、撮影開始。
ぐりは正面を向くのは難しいですが、ぼんはカメラ目線。
タイマーで撮影したのでカメラ側には人が誰も居なかったのですが、それでも何故かカメラ目線を決めてくれました。

記念撮影

ランキングに参加しています。
トイプードルランキング
トイプードルブログランキング
犬 人気ブログランキング
犬 人気ブログランキング
--------------------------
★インタスタグラム☆
ぼんのインスタグラムぐりのインスタグラム

コメントや御用の方は以下の拍手コメントかTwitterFacebookにてお願い致します。
拍手コメントの方はご返信出来ませんのでご了承下さいm(_ _)m
ブログをお持ちの方は、URLを合わせてお伝え頂ければ、後ほどご訪問させて頂きます。

このページのトップへ戻る

赤ちゃんとの同居生活

前回の記事の件につきまして、
ご心配の声や同じような経験をされた方やアドバイス等を沢山頂きました。
本当に有難うございましたm(_ _)m

発症から3週間程度経ちますが、今では元気を取り戻しています。
肝臓の数値が高かったので再検査をそろそろという時期ですが、食欲もありますし下痢も嘔吐も治まっています。
日中は暑いし、夜になると花火や爆竹が多くなり、ぼんが怖がるので散歩には中々行きづらくなっている時期ではございますが、何とか家の中で遊んで運動したりしています。

元気になった

長らくブログを更新していなかったので、溜まり溜まってどこから書けばよいのやら・・・と考えていたのですが、取り急ぎ今年の2月からを書いていこうかなと思います。
昨年の出来事などは、また追々・・・(^▽^;)

今年の2月初めに子どもが生まれ、家族が増えました。
お祝いコメントを下さった方々、お祝いの品を贈って頂いた方々、有難うございました。
御礼のご報告がとても遅くなってしまい申し訳ございませんm(_ _)m

・・・5日間ほど奥さんは入院していたわけですが、数日間離れることは初めてだったぼんとぐり。
しかし時間の概念を持ち合わせているのかいないのか、特別変わった様子は無かったようです。

生まれた日

そして退院した日。
見知らぬ人間?或いはまだ人間と認識していないであろうナニカが家に入ってきたので、ぼんは吠えまくり。
当然のことながら赤ちゃんは泣くので、その見知らぬ声、いやぼんにとっては音の表現か、兎に角テリトリーである家の中で知らない音はご法度なわけであり、赤ちゃんが泣く度にぼんが吠えまくっていました。しかも最大音量でね!

まずは子どもと対面させて、覚えてもらわねばとご挨拶。

ご挨拶

ミルク・オムツ・寒いetc、色々な事で赤ちゃんは泣き、直後にぼんの大声吠え。
まだたった半年程前のことなのに遠い昔のような記憶になる今日この頃ですが、兎に角家の中がうるさかった記憶です。
生まれる前からある程度想定はしていましたが、予想以上にぼんの本気吠えが厳しかったですね。

そんなぼん吠えも、3日目4日目ぐらいから落ち着いてくるようになりました。
私たち人間が聞いても違いがわかりにくいのですが、赤ちゃんの泣くパターンによって吠える時があり、その時は大抵ミルクだったりして、それ以外の赤ちゃん泣きには吠えなくなったり、ただの偶然かもしれませんが不思議な感じでした。

大人しくなった

とりあえず家の中にナニカが居る事は察知しているので、気にはなる様子。

興味津々

時折覗いてみたりしていました。

寝顔を覗く

奥さんは産後で家事が出来ないし、何より子どもの面倒をみなくてはならないので、私が家事担当。記憶がなくなるほどバタバタしていました。

そして和室は子どもが寝る部屋になったので、寝てる間は立ち入り禁止区域。

和室の前

今まで入れたのにと思ったのか、それとも部屋の中にナニカが居るからか、ぼんが隙間から見つめる様子。

和室を覗く

でも多分、この時ぼんは子どもの事よりもお母さん(奥さん)を待っていた気がします。
これまでほぼ独り占めお母さんが、退院してから今までと態度が変わったのを感づき始めたのでしょうか。
人間の私たちにとっては「理由」を理解できますが、ぼんには難しすぎる事です。

和室の前で待つ

ちなみに、ぐりは見知らぬナニカに対しては興味ナッシング。というか誰にも興味がないので、平常どおりでした。

平常のぐり

でも、和室に入れないのは気になる様子。

和室の前のぐり

やっぱり覗きます。

和室を覗くぐり

ぐりは狭い隙間もスルリと入れちゃうので、禁断の部屋に侵入していることもしばしば。

和室に入っていたぐり

ただ、エライと言いますか、哺乳瓶など新しいものをおもちゃと勘違いするぼんとぐりが、ほぼ手を出しませんでした。
逆に最近フガフガしだした気もするのですが、とりあえず初期は不思議なほどイラン事をしてくれませんでしたね。助かりました。

和室も閉めっぱなしというわけではなく、時折開放していました。
冬だったのでこの部屋が一番暖かく、ぼんとぐりも揃ってくつろぎタイム。

和室でくつろぐ

ちなみに、産後は3時間ごとにミルクを与える・・・というようなマニュアルみたいなものがありますが、一般的にはその間隔が多いのかもしれませんけど、ウチは当てはまらず。
まずミルクを飲むのに1時間ほどかかり、しかも飲む量がとても少なく、やっと飲み終わったかなと思っていたらたその30分~1時間後にまた欲しがって泣くということが2ヶ月以上続いた記憶があります。
その子の個性といえばそうなのでしょうが、本当こちらが休憩するような時間も隙間もなく、哺乳瓶もすぐに煮沸しないと間に合わないしでテンヤワンヤ。無論オシメもあるし寝ぐずりも強烈ですし、他の子と比べたことが無いですが、兎に角大変でしたね。

ちなみにパートⅡですが、ぼんは子どもを嫌っているわけではありませんでした。
他の人間や動物に対して吠えたことが今まで無いので、その点は安心というかぼんの性格に助けられました。
不安があるときは近寄らないタイプですが、早い段階で子どもの近くでくつろいでいたり。

側で寝る

数日間で、赤ちゃんが泣くことで吠えることがほとんど治まっていたのですが、それでもまだまだ慣れろというのは無理な話。
新しい出来事に対して不安を持っている様子。

いつもお母さんが遊んでくれていたのに、最近全然だなぁとでも思っていたのでしょうか。
兎に角とても大人しくなり、ジッとするようになりました。

ジッとするぼん

冬で寒い時はあまり動かないというのもありますが、今年は特にぐりと同じスペースでくつろぐことが多かったように思えます。

元気毛布の上でくつろぐ

違う部屋でも一緒に居たり。

ぼんとぐり

ミルクの時間はぼんも見守ってくれるようになったりしました。

ミルクタイム

繰り返しになりますが、赤ちゃんと同居生活が始まって数日間は吠えまくり。
でも、1週間も経てばほぼほぼ吠えることも無くなり、大分慣れてくれて安心していました。

しかし、同居生活10日目以降、ぼんに変化が訪れます。
それが半年経った今でも解消できない今年一番の問題である「自傷行為」。

「吠えなくなったしうまくいってるやん?」と思っていたのもたったの3日間で終了。

横並び

あの頃見せていた寂しい顔、もっと早く気づいてあげればよかった。

寂しげな顔

ランキングに参加しています。
トイプードルランキング
トイプードルブログランキング
犬 人気ブログランキング
犬 人気ブログランキング
--------------------------
★インタスタグラム☆
ぼんのインスタグラムぐりのインスタグラム

コメントや御用の方は以下の拍手コメントかTwitterFacebookにてお願い致します。
拍手コメントの方はご返信出来ませんのでご了承下さいm(_ _)m
ブログをお持ちの方は、URLを合わせてお伝え頂ければ、後ほどご訪問させて頂きます。

このページのトップへ戻る

自己紹介

ブログの内容は、ぼん時々ぐり です。

トイプードル ぼん

2009年9月7日生まれのトイプードル(クリーム色)。
正式名称は「ボルサリーノ・ぼ・んさん」

アメショのぐり

2012年3月16日生まれのアメリカンショートヘア(レッドタビー)。
正式名称は「グリフォン・オブ・ザ・グリリアント・グリーン」

別ブログ「アメショーグン

著者

著者:ぼんファミリー

Twitter, Facebook, Instagramでは、主に更新情報のほかにブログよりも高解像度の写真をUPしています。
Youtubeに動画も公開中。

当ブログはコメント欄を閉鎖させて頂いておりますので、御用の方は拍手ページかTwitterかFacebookからお願いします。
コメントはいつも大変有り難く拝見させて頂いております。
拍手コメントおよびSNSなど全てのご返信が難しい状況のため、申し訳ございませんがこちらからの返信は辞退させて頂いておりますm(_ _)m

現在2つのランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

最新記事

ぼんの愛用品

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事一覧

動くぼんさん

YoutubeにUPしている動画

ブログ内の人気ページ

ブログパーツ

関連サイトなど

アンケート

リンク

メールフォーム

大変申し訳ございませんが、ご質問やお問い合わせ以外につきましては、ご返信出来ませんm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

その他