とても珍しい光景

先日、ふとソファーを見てみると珍しい光景が。

ぼんとぐり 横並び その1

ぼんとぐりが同じソファーの上で並んでいました。

ぼんとぐり 横並び その2

なんかぼんの体勢おかしくない?と思って正面から見てみたら

ぼんとぐり 横並び その3

そのまんま、ナナメでした。
長クッションを置いていたので、その影響。

その後、ぼんがフセをして休む体勢に変化。

ぼんとぐり 横並び その4

何が珍しいかというと、これまた見たまんまですがぼんとぐりが自然とソファーの上で並んでいた事。クリスマスなど衣装を着てもらって撮影することもありますが、その時は何とか並んでもらっている感じ。
今回のこの光景は、こちら側で何かしたとか一切無く、本当に自然と並んでいたのでした。

ぼんとぐり 横並び その5

ぼんとぐりが一緒に暮し始めて6年が過ぎましたが、冬に同じ布団やクッションで並んでいる事がたまにありましたが、ソファーの上で自発的に並んでいるのは始めてかも。
まず、ぐりがソファーの上で休むというのが珍しいし、ぐりが居る場所にぼんはあまり近寄らないからです。

ぼんとぐり 横並び その6

ぼんが休んでいる場所へぐりが近づいてきて、ぼんが嫌がって移動するというのは日常茶飯事。
理由はぼんは人間に触られるのは大丈夫ですが、それ以外は嫌がります。
人間でも何してくるかわからない小さな子どもはNG。

ぼんとぐり 横並び その7

ぐりが昔ぼんにチョッカイ出していたからかもしれませんが、今はあまりそういうことはないんですけどね。
でもぼんは「ぐりも成長したし何もしてこないだろう」とかいう考えは持ち合わせていないみたいなので、嫌な記憶はずっと残っている感じ。

ぼんとぐり 横並び その8

ちなみに、ぐりも触られるのが嫌いでした。
ここ1年ぐらいで急激に大人しくなりましたが、触り方を知らないと噛まれたりしてましたし。
なので今回もぼんがぐりに触れていたら嫌がるんじゃないかと思いましたが、よく見るとぼんの手(前足)の下にぐりの足が見えますね。
もうそれぐらいではぐりも怒らなくなっています。

ぼんとぐり 横並び その9

昔もくっつきながら寝ていたことがあるにはあるので、結局はお互いその時の気分によるかもしれませんけどね!

ぼんとぐり 横並び その10

放っておくとこのままどちらも寝てしまいそうですが、結局ぼんが下りました。

ぼんとぐり 横並び その11

自然の形で今度いつこの光景が見られるでしょうか。
その時まで、さようなら。

ランキングに参加しています。
トイプードルランキング
トイプードルブログランキング
犬 人気ブログランキング
犬 人気ブログランキング
--------------------------
★インスタグラム☆
ぼんのインスタグラムぐりのインスタグラム




犬の健康が気になる方はコチラ

コメントや御用の方は以下の拍手コメントかTwitterFacebookにてお願い致します。
拍手コメントの方はご返信出来ませんのでご了承下さいm(_ _)m
ブログをお持ちの方は、URLを合わせてお伝え頂ければ、後ほどご訪問させて頂きます。

スポンサードリンク

ぼんが使っている愛用品

関連記事

このページのトップへ戻る

トラックバック

自己紹介

ブログの内容は、ぼん時々ぐり です。

トイプードル ぼん

2009年9月7日生まれのトイプードル(クリーム色)。
正式名称は「ボルサリーノ・ぼ・んさん」

アメショのぐり

2012年3月16日生まれのアメリカンショートヘア(レッドタビー)。
正式名称は「グリフォン・オブ・ザ・グリリアント・グリーン」

別ブログ「アメショーグン

著者

著者:ぼんファミリー

Twitter, Facebook, Instagramでは、主に更新情報のほかにブログよりも高解像度の写真をUPしています。
Youtubeに動画も公開中。

当ブログはコメント欄を閉鎖させて頂いておりますので、御用の方は拍手ページかTwitterかFacebookからお願いします。
コメントはいつも大変有り難く拝見させて頂いております。
拍手コメントおよびSNSなど全てのご返信が難しい状況のため、申し訳ございませんがこちらからの返信は辞退させて頂いておりますm(_ _)m

現在2つのランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

最新記事

ぼんの愛用品

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事一覧

動くぼんさん

YoutubeにUPしている動画

ブログ内の人気ページ

ブログパーツ

関連サイトなど

リンク

メールフォーム

大変申し訳ございませんが、ご質問やお問い合わせ以外につきましては、ご返信出来ませんm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

その他