辛く苦しい日々の始まり

4月某日。

2017年4月15日 トリミング後 その1

真夜中に撮ったので寝ぼけていたぼん。

2017年4月15日 トリミング後 その2

「生後2ヶ月を過ぎると楽になってくる」と言われ期待していた子どもの件ですが、いやはや、パワーアップしてるんですけど?みたいな。
成長で体が大きくなってくると共に声も大きくなりまして、泣き声も生後2ヶ月までの比ではありません。
私は使いませんでしたが、耳栓まで用意したほどです。

2017年4月15日 トリミング後 その3

この頃の子どもは兎に角抱っこ必須。
抱っこしないと眠らないようになり、しかもただ突っ立っていただけじゃ泣きます。
抱っこして尚且つ揺れが必要らしく、家の中では主に屈伸していました。しかも10分~15分ほど。膝イワシます。

で、そろそろ寝たかなぁ~?と思ってそぉ~っと布団に置くと、背中センサーが発動するようになっており、一気に目覚め泣き出します。
なので、深い眠りにならないと布団に移動しても起きちゃうので、20分程度は抱っこしたままが常となり、体力も限界値。

ミルクで泣くのは当たり前なのですが、兎に角声が大きくなっており、まるで虐待されているかのような泣き方。
ギニャー!!」と叫ぶので、チョ待てよと言いたくなるほどでしたね。

知り合いの方が子どもさんに歯磨きしていたら泣き叫んだ事があるらしく、それが凄まじくて近所の方から通報された話を聞きました。警察が来ても、歯磨きしていただけとしか言えないですよね、みたいな。
ウチは通報されなくて良かったです。

泣き声に反応せずにいつも寝ているぐりでさえ、そのギニャー声のときは起きてきます。

ユラユラに乗るぐり

そんなぐりこですが、乗るなと言ったはずのユラユラベッドを相変わらず我が物顔で使っていたので、犬のヌイグルミを置くことにしました。
すると怖がって乗らなくなりました。

ヌイグルミを怖がるぐり

すると次はお祝いで頂いたバウンサーに乗ってるし。

バウンサーに乗るぐり

最終的には、窓ぎわのトットちゃんに落ち着いてくれています。

窓際のぐり

そんな中、ぼんは散歩に出るとまだまだ元気さを見せてくれていました。
年甲斐も無く?ハトを追いかけたり。

ハトを追いかける

子どもはお初参りも過ぎ、生後2ヶ月半も過ぎていたので徐々に散歩の距離が増え、ぼんと一緒に散歩へ行く事が多くなってきました。

初めの頃に、「子どもと一緒に散歩に行けるようになったら、ぼんも少し気持ちの変化があるかもね」と思っていたので、第一の目標達成といったところでしょうか。

子どもと一緒に散歩

奥さんと子どもが帰省していた約3週間では、足を舐めたり噛んだりする行為は明らかに減少していましたが、帰宅してからは再び自傷行為を始めるようになりました。

結局のところ、私は昔からぼんに対してベタベタしないタイプでしたので、子どもが生まれてからも日々の対応は変わらなかったと思うのですが、ウチの奥さんはぼんにベタベタでしたので、ぼんにとって7年以上続いていた環境がガラリと変わったことが、この精神的ストレスと思われる自傷行為の大きな要因だと思います。

ぐりが来た時は、ぐりに対してのみ構っていたというわけでもなかったし、その時はぼんはまだ3歳と若く、環境の変化に順応性があったのかもしれません。
子どもと暮らすようになったのは7歳半ですから、初老のぼんにとっては今更変化に対応するのが難しくなっている可能性もあります。

カラー再び

かといって奥さんがぼんを以前のようにかまえるかと言うと、それはとても難しい状況。
やはり子どもは自分で何も出来ない状態ですから、兎に角子どもを優先しなければいけないでしょう。
で、この頃は子どもは一日中休む暇なく手が掛かる時期でしたから、中々ぼんと向き合う時間を作るのも難しく。

人間でも兄弟の場合、先に生まれた方は寂しい思いをしたりする話も聞いたりします。
どうしても今一番手が掛かる方を助ける必要があるので、難しい話です。

そして人間の子どもでも理解する事が難しいかもしれないこのような事情を、ぼんが納得して「はいわかりました」となるはずもないでしょうね。
なのでぼんの心の中では「今までと態度が違うのは何故?」という気持ちがずっと続いているかもしれません。


そして毎日が過ぎていく中でぼんの自傷行為はエスカレートしていく事となり、夜サークルで寝てる間、つまり一人になったときは一番酷い状況になるのでした。

舐めすぎた足

ぼんが生後3ヶ月で家に来てから、夜寝るときは必ずサークルという、ある意味区切りのしつけをしてきていましたが、例外としてこの頃から私の部屋で一緒に寝ることになりました。もう夜の間、放っておくことができなかったからです。

一緒に寝ることによって、夜の間の自傷行為はほとんど無くなっていました。
やはり、側に居てあげる事が大事なのか、それとも足を舐めていたら私に叱られるからか。

一緒に寝る

今思うと、この頃マジピークだった気がします。
子どもは強烈に泣きもちろん寝ないし、ぼんは自傷行為が酷くて5秒も目が離せない。

無論、家事やら仕事やらやること山積みの状態の中、家の中みんながイライラしていたような気がします。

ランキングに参加しています。
トイプードルランキング
トイプードルブログランキング
犬 人気ブログランキング
犬 人気ブログランキング
--------------------------
★インタスタグラム☆
ぼんのインスタグラムぐりのインスタグラム

コメントや御用の方は以下の拍手コメントかTwitterFacebookにてお願い致します。
拍手コメントの方はご返信出来ませんのでご了承下さいm(_ _)m
ブログをお持ちの方は、URLを合わせてお伝え頂ければ、後ほどご訪問させて頂きます。

スポンサードリンク

ぼんが使っている愛用品

関連記事

このページのトップへ戻る

トラックバック

自己紹介

ブログの内容は、ぼん時々ぐり です。

トイプードル ぼん

2009年9月7日生まれのトイプードル(クリーム色)。
正式名称は「ボルサリーノ・ぼ・んさん」

アメショのぐり

2012年3月16日生まれのアメリカンショートヘア(レッドタビー)。
正式名称は「グリフォン・オブ・ザ・グリリアント・グリーン」

別ブログ「アメショーグン

著者

著者:ぼんファミリー

Twitter, Facebook, Instagramでは、主に更新情報のほかにブログよりも高解像度の写真をUPしています。
Youtubeに動画も公開中。

当ブログはコメント欄を閉鎖させて頂いておりますので、御用の方は拍手ページかTwitterかFacebookからお願いします。
コメントはいつも大変有り難く拝見させて頂いております。
拍手コメントおよびSNSなど全てのご返信が難しい状況のため、申し訳ございませんがこちらからの返信は辞退させて頂いておりますm(_ _)m

現在2つのランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

最新記事

ぼんの愛用品

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事一覧

動くぼんさん

YoutubeにUPしている動画

ブログ内の人気ページ

ブログパーツ

関連サイトなど

リンク

メールフォーム

大変申し訳ございませんが、ご質問やお問い合わせ以外につきましては、ご返信出来ませんm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

その他