スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントや御用の方は以下の拍手コメントかTwitterFacebookにてお願い致します。
拍手コメントの方はご返信出来ませんのでご了承下さいm(_ _)m
ブログをお持ちの方は、URLを合わせてお伝え頂ければ、後ほどご訪問させて頂きます。

このページのトップへ戻る

役に立たない(?)決定的瞬間の撮り方 - 遭遇編

たまにご質問を頂くことがあるのですが、
このブログで公開している写真について。

どうやって決定的瞬間を撮影されているのですか?

私は超人的な素人なのでお役に立てるとは思いませんが、とりあえず普段どう撮影しているか・・・
3年以上このブログを書いてきて、多分初めてカメラのことを書いてみます。

激しく長くなるので3回に分けて投稿しますが、今回は「決定的瞬間の遭遇の仕方」です。

決定的瞬間

まず決定的瞬間!というのは、主観によるものなので、人によってどれが該当するかは好みによると思います。
一応、今回は例としていくつか過去に公開した写真をピックアップさせて頂きます。

まずはコレ。

猫パンチ

これを撮った時、「三沢のエルボー」しか思い浮かびませんでした。
ぐりが三沢光晴で、ぼんがジャンボ鶴田みたいな。

ちなみにこの場面はテーブルの向こう側で行われていたので、私はテーブルの下から覗いて斜めからカメラを構えて撮りました。
当然、ほふく前進のような体勢になりますです( ̄m ̄〃)

伸びるぼんさん

基本的に動いている場面を撮る場合、ポーズなどとは違ってこちらで指示して撮れるわけではありません。
当たり前ですが、ぼんとぐりは犬と猫なので、演技など無理ですし演出することは不可能。
ぼんは多少マテができるので、座っていたりする場面は撮りやすいですが、動けといって動くわけではないので、何か行動しているときは常に自然のままを撮影しています。

ぐりに関しては自然と座っているときしか座っている場面は撮れません。
ぐりはカメラがあまり好きじゃないみたいなので、撮っているうちにどこかへ行くこともしばしば。
なので、全てたまたま撮れたというのが正しい感じです(^▽^;)

ぐりのチェック その5

また、四六時中カメラを持って待ち構えたりウロウロしているわけでもないので、運というか偶然といいますか。
ただ、何かやり合ってる場面を撮る場合は、部屋にカメラを撮りに行きます。
まぁ、カメラを持ってきたら大抵終わっていたりすることも多いのですが、そのままぼんとぐりが何かしていたらパシャっと撮る感じでしょうか。

ぐりが気になるぼん

以上で、「決定的瞬間の場面」に関する遭遇の話となりますが、
とどのつまり、遭遇する方法があるのであれば、教えて下さいって話でした( ゚∀゚)

ランキングに参加中~いつも応援ありがとうございます!
下のバナーをクリックしてもらえるとランキングに反映されます!(一日1クリックのみ有効です)
トイプードルランキング
トイプードルブログランキング
犬 人気ブログランキング
犬 人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメントや御用の方は以下の拍手コメントかTwitterFacebookにてお願い致します。
拍手コメントの方はご返信出来ませんのでご了承下さいm(_ _)m
ブログをお持ちの方は、URLを合わせてお伝え頂ければ、後ほどご訪問させて頂きます。

このページのトップへ戻る

初めて語るカメラと設定の話 - 役に立たない(?)決定的瞬間の撮り方

前回は決定的瞬間にどのようにして遭遇するかのお話でしたが、
結果的に、偶然という身も蓋もないお話でした(o^-')b

今回は、偶然にもそういう場面に接した場合の撮影方法です。
多分コレが重要といいますか、折角その場面に遭遇しても撮影が上手くいかないと残念ですからね!今回は長いです。

のんびり行きましょう

私が未熟だからかもしれませんが、正直、動いている写真をiPhoneなどで撮影するのは非常に困難です。ほぼ確実にブレます。
というか、止まっている写真もiPhoneだとブレるんですけど!

というわけで、私が撮影に使うのは一眼レフカメラとなるのですが、今使っているのは「Canon EOS 7D EF-S15-85IS U レンズキット」というカメラです。

ウチのカメラ

実はこのカメラは2台目で、初代は「CANON EOS Kiss X4」というカメラでした。
同じメーカーでどちらも一眼レフですが、一応7Dは中級機という位置づけらしくて、その分AF(オートフォーカス)や連写速度が違います。
※詳しい仕様の違いは省きます

そう、肝心なのは連写なんですね!
動いている場面を撮るには、高速連写が重要だと思っています。

連写で撮影

カメラはどうアレ、動いている場面をいかに連写で撮影するかが鍵と思いますが、いくら連写で撮影しても、被写体ブレが酷いとチョット残念になります(´・ω・`)
シャッタースピードを上げるとブレにくくなるとは思うのですが、同時に写りが暗くなります。
薄暗い部屋でシャッタースピードを上げて撮影しても、ほとんど真っ暗に近い写真ばかりになります。
それを補うためには、部屋を明るくする必要があります。太陽とか照明とか。

三沢のエルボー」はX4で撮ったのですが、これは昼間の明るい時間に撮影したので、完璧ではありませんが大きなブレは防げた感じです。
ブレを防ぐには、シャッタースピードと同時に明るさが重要になると思います。

ぐりを追いかけるぼん

上の写真はX4で撮影していた時期で、尚且つ夜の家の中。
廊下に電気を付けていなかったので、激しく暗い写真でした。

こういった場合、カメラの設定でいわゆる露出設定が色々あります。
X4の頃は、動くものに対しては「スポーツモード」とかで撮影していました。
でも、7Dにしてからは動いていようか止まっていようが、全てマニュアル撮影にしています。

シャッタースピードを遅くすれば明るくなるけれども、その分ブレが激しくなります。
F値を開放に近づけることでも明るくなりますが、限度があるし、画質も若干悪くなるし、別に背景をボカシたいわけでもなく。
なのでISO値を上げるしかなくなってくるのですが、あまり上げるとノイズが目立ちます。(実際上の写真はノイズが酷い)

特に今使っている7Dはノイズが目立ちやすい感じなので、なるべくキレイな画質を求めるのであれば、ISOは低いほうがいいですYOね!

というわけで、家の中や暗い場所での撮影は、外付けフラッシュがあると便利になります。



ウチはこの「Canon スピードライト 430EX Ⅱ」というものを使うようになりました。
Canonの純正品だと、270とか320とか580とか600とか色々ありますが、数字が大きいほど発光量が多かったり操作しやすかったりライトの角度を自由に決められたり・・・とかです。その分値段も高くなりますけど。

ウチは狭い家の中をメインと考えていたので、とりあえず430EX Ⅱで十分かな~と決めました( ゚∀゚)

で、カメラに搭載しているフラッシュとの違いは、光量の違いもありますけど、ライトの方向を変えられることが一番でしょうか。
ハッキリいって、フラッシュの光を直接ぼんやぐりに向けるのは嫌ですし、まずそんなことはしません。
目に何らかの影響があるかはまだわからない部分があるとは思いますが、恐らく良い影響とは考えにくいので。

じゃぁこのフラッシュをどうするのかというと、ライトの方向が動くという特長を生かして、「バウンス撮影」しています。
一番わかりやすいのは、ライトの方向を真上にして、天井に光を当てる感じです。
これで部屋全体が明るくなるとまでは言えませんが、フラッシュなしの時と比べると被写体(ぼんやぐり)の影が強くなるのを防げるので、自然な印象で撮影できます。

フラッシュなし
(フラッシュなし)

バウンス撮影
(外付けストロボを使用してバウンス撮影)

フラッシュなしだと奥目のぼんさんは目の下に影ができ、光が弱い体の部分が暗い感じですが、バウンス撮影すると強い影の部分が弱まり、全体的に明るくなった印象です。

ちなみに、バウンス撮影は跳ね返る壁の色で被写体の色も変わってくるので、白い壁だと多分あまり問題ないかもしれませんが、照明が暖色で茶色というかオレンジというか、その色が強いと、ぼんの体にもその色が投影されます。
なので、壁の色や照明の色によっては、バウンス撮影は使えない場合もあります。
あと、広すぎるイベント会場内とかだと、天井まで遠すぎて無理な場合もあります。
その場合は光量の強い上位ストロボを使ったりするのでしょうが、あんまり広すぎると色々限度もありそうなんですけどね!

まぁ、天井だけじゃなくライトの方向を変えて横の壁にもバウンスできたりしますけど、横からの反射は天井バウンスとはそれなりに違う写真になりますので(影の位置が変わったり)、個人的にはほとんどが天井バウンスです。

バウンス撮影

以上でシャッタスピードを早くして、尚且つ明るさを補うための外付けストロボの紹介となります(o^-')b
しかしこのストロボも弱点はあり、ストロボ発光部の発熱と劣化を防ぐために連続発光は20回までとか決められたりしています。
まぁ、20連写もすることはまずないと思いますが・・・(^▽^;)

で、あっというまに電池が切れます。
普通の電池だと、電池の残量が少なくなるとその分光量も弱まってくる気がしました。

なので、ウチはエネループを買いました。
eneloop pro 単3形4個付2倍速・3倍速対応急速充電器セット
これだと長持ちする気もするし、何より電池残量が減っても光量が変わらない気がして良かったかなと。(あくまで個人的感想です)



あと、昔は容量の問題を考えて、全てJPEGで撮影していましたが、最近はもっぱらRAWで撮影しています。
専用のソフトで後から現像できるのはかなり大きいです。
特にホワイトバランスなど設定をミスしていても、RAWだとソフトで変更が出来ます。

明るさが足りなかった場合も、JPEG化した写真を修整するよりも、自然な形で明るくしたり暗くしたり出来るので、ファイルサイズを気にされない場合、絶対的にRAW撮影がおススメです(゜∇^d)

ランキングに参加中~いつも応援ありがとうございます!
下のバナーをクリックしてもらえるとランキングに反映されます!(一日1クリックのみ有効です)
トイプードルランキング
トイプードルブログランキング
犬 人気ブログランキング
犬 人気ブログランキング

コメントや御用の方は以下の拍手コメントかTwitterFacebookにてお願い致します。
拍手コメントの方はご返信出来ませんのでご了承下さいm(_ _)m
ブログをお持ちの方は、URLを合わせてお伝え頂ければ、後ほどご訪問させて頂きます。

このページのトップへ戻る

自己紹介

ブログの内容は、ぼん時々ぐり です。

トイプードル ぼん

2009年9月7日生まれのトイプードル(クリーム色)。
正式名称は「ボルサリーノ・ぼ・んさん」

アメショのぐり

2012年3月16日生まれのアメリカンショートヘア(レッドタビー)。
正式名称は「グリフォン・オブ・ザ・グリリアント・グリーン」

別ブログ「アメショーグン

著者

著者:ぼんファミリー

Twitter, Facebook, Instagramでは、主に更新情報のほかにブログよりも高解像度の写真をUPしています。
Youtubeに動画も公開中。

当ブログはコメント欄を閉鎖させて頂いておりますので、御用の方は拍手ページかTwitterかFacebookからお願いします。
コメントはいつも大変有り難く拝見させて頂いております。
拍手コメントおよびSNSなど全てのご返信が難しい状況のため、申し訳ございませんがこちらからの返信は辞退させて頂いておりますm(_ _)m

現在2つのランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

最新記事

ぼんの愛用品

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事一覧

最新画像

動くぼんさん

YoutubeにUPしている動画

ブログ内の人気ページ

ブログパーツ

兄弟ブログ

アメショーグンの更新情報

関連サイトなど

ペットジャパン
ペットジャパン

ぼんとのコラボ連載を掲載して頂いています

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

DOG LOG SHOP
犬用品・犬グッズの「DOG LOG SHOP」

楽天API+PHPで作成したペットグッズサイト

Cool Dog Site of the Day JAPAN
2010年7月2日に受賞しました

blogram投票ボタン
謎♪


カウンタ画像自作してみた

アンケート

リンク

メールフォーム

大変申し訳ございませんが、ご質問やお問い合わせ以外につきましては、ご返信出来ませんm(_ _)m

名前:
メール:
件名:
本文:

その他

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。